GrandeRoss1

スタイリッシュな装い、
ハイセンスなアイテム、
成功者だけが手にできる「景色」。
「エレガント&ラグジュアリー」をキーワードに
時代を切り取り、個性を際立たせる。
細部には「粋」や「美意識」といった、
日本人だからこそできるジャパニーズクオリティーを宿す。
それが、「GrandeRoss1」。

大人の遊びにルールはいらない。

Brand History

時は2015年7月。ジャパニーズラグジュアリーブランド「GrandeRoss1」はある理念と共に立ち上がりました。その理念とは、日本の持つ高い技術力と信頼性。そして、最新のファッショントレンドとラグジュアリーなデザインの融合です。日本の精密技術は、クオリティーが高く値段が安いのが特徴です。我々はそのひと昔前の考え方を変え、ハイクオリティーはもちろん、ラグジュアリーな要素を加え新しい日本のスタイルとして世界中の人々に触れてもらいたいのです。ブランド名はイタリア語の「Grande(偉大・大きい)」に、私の名前「ひろし」の「Ross1(ロッシ)」を加えた造語で、ワールドワイドに展開したいという思いが込められています。今までの扇子が持っていた、和テイストのオーセンティックなデザイン。そこに和を感じさせないデザインを融合。扇子=和ではない、SENSE=現代シーンなのです。我々が挑みたいエリアは、ヨーロッパのラグジュアリーかつオーセンティックなファッションシーン…。世界に名を馳せるブランドの数々…。それらには大きな歴史があり、クラフトマンシップによるハイクオリティーが存在します。勝算はある。我々は言わずと知れた物づくり大国ニッポン。日本生まれ、1000年以上の歴史を持つ扇子をリノベーションさせた「SENSE」は世界に挑めるクオリティーだと自負しています。日本の職人による物づくりと最新のファッショントレンドを融合したSENSEを第一に、GrandeRoss1は世界へと挑戦していきます。

渡邊大

私は幼少期からモータースポーツの大ファンで、レーシングドライバーになることが夢でした 。高校生になって、レーシングチームのオーディションを受け合格。そこから毎月国内のサー キットを転々とし、レーシングカートからフォーミュラーマシンをドライブしていました。 大きな転機を迎えたのは大学の進学を考えた時です。レーシングドライバーとしての道を歩む か、大学へ進み自分でビジネスを立ち上げるか。レーシングドライバーとしての道はやはり難 しい、と4年近く走っていて感じました。そこで気付けばもう一つの夢になっていた、自分でビ ジネスを立ち上げることを選び、大学進学を決断しました。 大学へ入学をしてからは1年間、アメリカ・サンタバーバラへ語学留学をしました。語学はも ちろんアメリカのファッショントレンドなど、日本以外のファッションを学ぶこともできまし た。さらに転機が訪れたのは、友人に会うためスイスへ訪れたときのこと。あるパーティーへ 招かれた際、スイス人の友人が日本の伝統工芸品である扇子を使っていたことに違和感と興味 を持ちました。調べてみると、海外では女性がメインで扇子をパーティーなどのシーンで使う 事がわかりました。「GrandeRoss1」立ち上げのきっかけである扇子であり、これがブランド誕生の1ページとなったのです。 帰国後、起業できるチャンスをつかむ事が出来る経験がしたいと考え、ベンチャー企業へ入社。 営業マンとして数多くの社長などに会い、エキサイティングな毎日を過ごすことができました。 入社後1年が経過した頃、扇子への熱がますます強くなり、1年半を経た2015年6月、退職を決意。7月にGrandeRoss1を立ち上げました。日本が誇る伝統を再認識し現代のファッションシー ンとMADE IN JAPANのクオリティーを現代のラグジュアリー目線で伝えたい。その思いとともにブランド立ち上げました。スケッチと名刺を持って100を超える会社を回りま した。私が理想とするSENSEを作れるパートナー探しの始まりです。そこでようやく京都の老舗メーカーとパートナーとして組むことができます。まだまだ挑戦は続きます。今度は扇子両サイ ドの親骨の部分をアルミや18Kを使ったデザインにしたいと…また一から金属加工ができるパー トナーを探し、ようやく東京の会社を見つけることができたのです。その後、約1年間のトライ &エラーを繰り返し、ようやく完成を迎えました。 ここからようやくGrandeRoss1のSENSEの幕開けです。
会社概要
名   称 GrandeRoss1 Japan 株式会社
所 在 地 〒270-0161 千葉県流山市鰭ヶ崎1774
クライアントサポート +80 3 6328 2633